大动脉大动脉

りんかん倶楽部 第三话 诗织と真纪 PXYD-053

山间の町・林隠市に千年以上伝わる暗の仪式があった。怒れる神を镇めるため、巫女とされた女性を集を持って轮淫し结果、巫女が孕めば神は怒りを镇め平和と豊穣が约束され、孕まなかった巫女は男性の精を満たした藁で箦巻きにされ生きたまま川へ流され神の生贽とされた。そして现在―――仪式は歴史の暗に消えることなく林隠市唯一の学园の中で生き続け、秘密结社『りんかん倶楽部』としてその淫惨なる伝统が受け継がれていた。

未经允许不得转载:大动脉 » りんかん倶楽部 第三话 诗织と真纪 PXYD-053